生物多様性センター
自然環境調査一覧
自然環境調査Web-GIS
いきものログ
生物多様性センターのご案內
生物多様性情報システム J-IBIS
各種情報
生物多様性とは

自然環境保全基礎調査

総合とりまとめ 総合とりまとめ
植物 植生調査 |  特定植物群落調査 | 巨樹?巨木林調査 | 植物目録の作成
動物 動物分布調査 | 動植物分布調査 | 動物分布図集 | 身近な生きもの調査 | 過去における鳥獣分布調査 | 哺乳類の分布調査 | 特定哺乳類生息狀況調査 | 両生類?爬蟲類の分布調査 | 昆蟲類の分布調査 | 鳥類の分布調査
地形地質 表土改変狀況調査 | 自然景観資源調査
すぐれた自然調査 すぐれた自然調査
河川湖沼 陸水域自然度調査 | 河川調査 | 湖沼調査 | 濕地調査 | 陸生及び淡水貝類の分布調査 | 淡水魚類の分布調査
海域 海域自然度調査 | すぐれた自然調査 | 海岸調査 | 藻場調査 | 干潟調査 | サンゴ礁 | 海域生物調査 | 海域環境調査 | 海の生きもの調査 | 海辺調査 | 海棲動物調査 | 沿岸調査
生態系 環境寄與度調査 | 生態系総合モニタリング調査 | 生態系多様性地域調査
種の多様性調査
遺伝子 遺伝的多様性調査

環境寄與度調査

調査時期 成果物一覧
第1回調査
昭和48年度
自然環境保全調査報告書(第1回緑の國勢調査)(昭和51年)
自然環境保全調査報告書(自然環境改変狀況調査)(昭和50年)
植生區分図(2面)(昭和50年)
植生現存量図(2面)(昭和50年)
植生生産量図(2面)(昭和50年)
鳥類生息分布図(2面)(昭和50年)
生物を中心とした環境諸性質の定期的継続調査について

1.調査の目的

人間にとっての自然環境がもつ総合的価値を評価するための基礎データを整備する目的で、人間活動が著しく、しかも各種の環境タイプが見られる広域的なモデル地域として関東地方の1都6県を対象とし、植生現存量、植生生産量、鳥類生息分布調査を行った。

2.調査の內容と方法

各都県単位で作成された5萬分の1現存植生図及び既存資料を基に植生現存量モデル調査地帯を抽出し、空中寫真の判読により現存量を把握した。更に、これに基づいて算出された平均単位現存量を基準に、全域の植生現存量図、植生生産量図が作成された。一方、鳥類生息分布調査は、夏と冬の年2回、5萬分の1地形図を16等分した區畫ごとに、現地調査及び既存資料により生息する鳥類の種數を記録し、鳥類種數分布図を作成した

3.調査結果

植生現存量は1.2億トン、植生生産量は2,600萬トン(年當たり)で、人口1人當たりの植生現存量は、群馬県の18.8トンに対し東京都は0.4トンで、東京都民は群馬県民の50分の1の緑しか保有していない事が判明した。

PAGETOP
<成在人线AV无码免费高潮水>|