生物多様性センター
自然環境調査一覧
自然環境調査Web-GIS
いきものログ
生物多様性センターのご案內
生物多様性情報システム J-IBIS
各種情報
生物多様性とは

自然環境保全基礎調査

総合とりまとめ 総合とりまとめ
植物 植生調査 |  特定植物群落調査 | 巨樹?巨木林調査 | 植物目録の作成
動物 動物分布調査 | 動植物分布調査 | 動物分布図集 | 身近な生きもの調査 | 過去における鳥獣分布調査 | 哺乳類の分布調査 | 特定哺乳類生息狀況調査 | 両生類?爬蟲類の分布調査 | 昆蟲類の分布調査 | 鳥類の分布調査
地形地質 表土改変狀況調査 | 自然景観資源調査
すぐれた自然調査 すぐれた自然調査
河川湖沼 陸水域自然度調査 | 河川調査 | 湖沼調査 | 濕地調査 | 陸生及び淡水貝類の分布調査 | 淡水魚類の分布調査
海域 海域自然度調査 | すぐれた自然調査 | 海岸調査 | 藻場調査 | 干潟調査 | サンゴ礁 | 海域生物調査 | 海域環境調査 | 海の生きもの調査 | 海辺調査 | 海棲動物調査 | 沿岸調査
生態系 環境寄與度調査 | 生態系総合モニタリング調査 | 生態系多様性地域調査
種の多様性調査
遺伝子 遺伝的多様性調査

海域環境調査

調査時期 成果物一覧
第2回調査
昭和53年度
第2回自然環境保全基礎調査要綱(昭和53年)
海域環境調査報告書(昭和54年/ 都道府県別39冊)
海域調査報告書(海岸調査、海域環境調査、干潟?藻場?サンゴ礁分布調査)(昭和56年/ 全國版)

1.調査の目的

汚濁が進む沿岸域の現狀を生物の生息狀況を通して把握するため、プランクトン、底生生物、付著生物等について調査した。

2.調査の內容と方法

あらかじめ區分した91の海域ごとに、プランクトン、底生生物、付著生物、大腸菌、赤潮の発生狀況について、昭和48年から52年の間における既存調査データを収集?整理した。

3.調査結果

海域の富栄養化の指標として赤潮の発生狀況を取りまとめた結果、昭和48年4月から52年3月までの5ヵ年間にわが國の海域で発生した赤潮の件數は2,168件でその継続延日數は15,165日、1件當たりの平均継続日數は7日であった。発生件數及び継続日數が多かった地域は、いずれも瀬戸內海や東京灣などの內海?內灣に面し、陸域に大規模な市街地?工業地等が存在する海域であった。

PAGETOP
<成在人线AV无码免费高潮水>|