鳥類標識調査 環境省  山階鳥類研究所

 鳥類標識調査は、野生の鳥に個體識別のための足環などを裝著して放鳥し、再捕獲や観察によって情報を収集、解析することによって、鳥類の渡りの実態や様々な生態を明らかにし、鳥類の保全施策やそのための國際協力の推進に役立てる調査です。

 わが國では、1924年に農商務省によって初めて行われて以來約90年にわたって続けられており、現在は環境省が(公財)山階鳥類研究所への委託事業として実施しています。

 全國各地での標識調査を実際に擔っているのは、鳥類の識別について十分な知識を持ち、野鳥を安全に捕獲して放鳥する技術を身につけていることを認定された鳥類標識調査員(バンダー)です。全國で約450名のバンダーがボランティアとして活躍しています。

 1961年以降に標識放鳥された鳥の數は2011年に500萬羽を超え、調査を通じてさまざまなことが明らかになっています。

鳥類標識調査 畫像 鳥類標識調査 足環
<成在人线AV无码免费高潮水>|